楽天ゴールドカードとは?違いやメリットとデメリットも考えてみた

楽天ゴールドカード メリット

楽天カードゴールドカードと普通の楽天カードとの違い

楽天カードの普通とゴールドの違いをご説明いたします。

普通のカードよりもゴールドの方がポイントが多く付く

楽天市場・楽天ブックスでのお買い物の際に通常の楽天カードなら1%の還元率ですが、ゴールドカードの場合、3~5%の還元率になります!

ただし楽天市場・楽天ブックスのみの還元率ですのでほかの利用では、楽天カードとゴールドカードは同じ設定になっているので注意が必要です。

よく楽天市場・楽天ブックスを利用する方は、楽天ゴールド切り替えてみるといいかもしれません!

空港ラウンジが利用できる

これも楽天ゴールドカードの大きなウリの一つと言ってもいいでしょう!空港ラウンジが利用ができるのです!

そもそも空港ラウンジって?

空港ラウンジとは空港の待合室の一部にある専用ラウンジです。

そこではドリンクが無料で飲み放題だったりアルコールが飲めたりします。
要するに飛行機に乗る前にちょっと一休みしたいと思った人向けの休憩所ですね(^o^)

空港を利用すると言う方は是非、入ってみるといいでしょう!

楽天ゴールドカードにはどんなメリットがあるの?

最初に楽天ゴールドカードのメリットについて説明してゆきたいと思います。

ポイントが還元率が高い

前文でもご説明しましたが楽天市場・楽天ブックスのみの還元になりますがキャンペーンなどにより変動はしますがお買い上げ金額の約3~5%還元があります。

400円の商品を購入して通常は4ポイントなのが時期によってはその5倍の20ポイント付くことになるのでよく楽天市場・楽天ブックスを利用する方には
かなりのメリットがあると言えるでしょう!

空港ラウンジが利用できる

こちらも前文でご説明しましたが空港ラウンジが利用できると言うメリットがあります。これはゴールド以上のカード保持者の特典
かなりメリットがあると言えるでしょう!

ハイステータスになった気分が味わえる

やはりゴールドカードなので普通のカードとは違うためちょっとお金持ちな気分を味わえると言うところはあるかもしれません(^o^)

ゴールドカードは、もともとはアメックスがワンランク上の富裕層向けに最初に発行したカードでもあります。

そう聞くとますますいい気分になるかもしれません。

比較的安い年会費でちょっと味わえるわけなのでお得でメリットがあると言えるでしょう!

楽天ゴールドカードのデメリット

お得なお話が多いですが場合によってはデメリットも実はあったりします(^_^;)

年会費がかかる

通常の楽天カードは年会費は無料ですが、楽天ゴールドカードの場合はもちろんですが年会費(税込2160円)が発生します。
さらに家族カードも1枚ごとに年会費(税込540円)の年会費が発生します。

もちろん空港や楽天市場を利用する方には、これくらいだと全然安くていいと思うかもしれません。

しかしそのどちらも利用しない場合は、他のお店でお買い物をしても普通のカードと同じ還元率なので通常カードとゴールドカードどちらも変わりがないですね。

年会費が発生するだけであまりよいメリットがあるとは言い難いでしょう..

基本的にデメリットと言えそうな部分はこのあたりと思われます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする